So-net無料ブログ作成
検索選択

放置徒然 その2 [雑記]

 えと、前回の最初に書くべきだったのでしょうが、放置の何がいけないのかについてです。

 それはプレイヤー間に不平等が生じることです。

 放置をすることで、普通にプレイする人よりゲーム内においてはるかに有利な点があります。楽に多くの経験値を得られることにくわえ、放置によってかなり資産を稼ぐことができます。

 試練放置にカントルでの原石採取、アトランス浅瀬での混集め。

聞いた話ですが、混沌が高騰していたときなどは、エルベ放置で混沌を集めていた方が、主クラスのキャラでCCに通うより儲かったそうです。

 一つ思うことがあります。

 通常狩りに魅力がないとよく言われています。CCが実装されたことで、宝石の供給量を調整するため通常狩りにおける宝石ドロップ率が低下しました。

 しかし、原因はそれだけではないと思います。もし通常狩りがおいしければおいしいほど、放置者さんと普通のプレイヤーの不平等は大きくなります。

 少しでも不平等を小さくするため、運営さんが通常狩りからうまみを取り去っているむきはあると思います。

 通常狩りに魅力がないと、基本通常狩りしかできない新規で始めた人にとって非常に不利なこととなります。新規が少ない理由の一つとして通常狩りがまずいこと、そしてその背後に放置の存在が見え隠れしているように個人的には感じています。

 今度は逆に放置がMUに与えるメリットです。 

 忙しかったり色々で時間をかけられないけれど、キャラを強くしたい稼ぎたいという人は当然ながら多いことでしょう。

 放置への取り締まりを緩くしておくことで、そうした人々を集客することができます。放置ができるからMUをやっているという人はそれなりにいると思われます。ちなみにMUは業者ではなくプレイヤーが放置している場合が非常に多いMMOらしいです。根拠を示すことはできませんが;;

 忙しい人といえば基本的に社会人の方が多いと思われますので、お金に余裕があり課金してくれる可能性も高いのではないでしょうか? その中には重課金者となってくれる人も割合として多いのではないでしょうか?

 放置を取り締まらないことによって、運営姿勢への評価が低くなる。すると新規で始める人が減る。不平等に憤り引退する人も増え、過疎化につながる。しかし、それを補うだけの重課金者さんを獲得することができる。

 こんな感じで、収益的には結果が出ているのではないかと思います。MUは課金者一人当たりの課金額が大きいMMOです。その背景にはこんな筋書きがあるのではないかと勝手に想像しています。



 まあ、大体、こんな感じで放置について思うことは書ききったかな^^; ほとんどまとまりがないけど;;

 次回あたりでは、こうすればもっとMUってよくなるよなあとか、あれこれ考えてた妄想を書いてみようかと思います。

 こりないやつだというツッコミは甘んじて受けます;;
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

放置徒然 [雑記]

 さて、今回はMU世界で最もよく議論の的となっている「放置狩り」について私見を述べさせていただきます。

 これは、かなりデリケートな話題ですので、下手なことを書くとブログ炎上責任引退の危険もありますが、色々考えてきたことを書かないのはもったいないと思ってしまったのが運のツキです、はいw

 僕個人としては放置狩りとは「共存せざるを得ないもの」と思っています。

 新規で始める人が少ない中(夏休みということもあって最近はちらほら見かけますが)、現在のMUを支えるのは少数の重課金者さんです。

 必ずしもそうとは限らないのですが、重課金者さんは放置を積極的に行う傾向があると思います。

 MUにおける強さとは基本的に装備とレベルです。強さを追い求める人が良品装備のために課金し、レベルを上げるために放置を行うのはわかると思います。
 
 ですので、もしこれからいきなり運営さんが放置を厳しく取り締まり始めたとしたら、それはMUを支える重課金者の人たちを取り締まることにつながります。

 放置を取り締まることで収益が減少し、おそらくMUの寿命は著しく縮まってしまうでしょう。

 運営姿勢が変わったことが評価され、新規の人が今から増える可能性もありますが、運営さんからすればそれはリスキーです。安定して課金してくれる人たちから確実に収益を得る方が無難です。また放置を取り締まる人件費の問題もあります。

 したがって現時点において放置狩りを悪としてアンチ放置の活動を行っても、運営さんが放置を徹底的に取り締まることができない以上、意味のないことです。

 ならばどうするべきか。そこはそれぞれの価値観によって違うと思います。

 放置ばかりの現状に嫌気がさして引退するか、共存するか。あるいは肯定し、自分も放置するか。僕は共存派です。

 僕は現在の状況でもMUには十分続けるに値する魅力があると思っています。

 まず、2Dでパソコンスペックがよくなくとも十分遊べるし、操作も簡単という良さがあります。

 そしてゲームシステムはとても面白いです。ステータスポイントの振り方が奥深く、対人戦でも勝つために色々な試行錯誤を繰り返し実践する楽しみがあります。

 アイテムもコレクション性が高く、物欲が非常に刺激されますw

 そしてMUの核となるシステムですが、カオス合成! キラリと光れば強化されたアイテムが手に入るという天国、グシャリと燃えれば神アイテムだろうがなんだろうが容赦なく消滅という地獄の底。

 このギャンブル性が強烈ですね。中毒性があります。

 残念ながらカオス合成の保険証というものが発売されてしまったので、このギャンブル性が薄れてしまった点は、非常にもったいないです。

 保険証が一枚3万円とか、よっぽど運が良くなければ手に入らないとかにすればよかったのですが……。1800円というあまりに安い価格でほいほい売り出したのは大失敗だと思います。

 と、話がそれました。

 とにかく放置はもはやMUの深いところまでしっかり根を下ろしてしまったため、今から無理矢理痛みをともなってひっこ抜くようなマネは難しいと思われます。まあ、難しいだけで手遅れではないとは思いますが。

 さて、今回はここらで。まだ書きたりないことはあるので、次回にします。

 それでは、また!

 

攻城戦徒然 [雑記]

 僕は今までCCにばかり興味を向けていたので、攻城戦とか正直どうでもいいと思ってました。大体、あれは神装備カンストキャラの腕試しの場であって僕とは完全に無縁の世界だろうと思い込んでいたふしもあります。

 しかし、第三帝国がCADRE連合さんに参加することとなり、数回の攻城戦を経験して思ったのはたとえハイスペックなキャラでなくとも十分に貢献できる機会はあるということです。

 第三がCADREさんに参加させていただいてから三回目の攻城戦。

 一回目は敗北、二回目はエンブ予選落ちという結果だったので第三帝国、いや第三帝国マスターのセナさんにかかるプレッシャーはかなりのものでした。

 CADREの連合マスターポグザイルさんは第三と連合を組むときに「レベルも人数も関係ない」と言ってくれていました。しかし、とはいってもエンブ数でも戦力でも第三が足を引っ張ってしまっているのではないかという不安はやはりありました。

 それゆえ、セナさんはギルメンがあまりエンブを出せない分、大量のエンブレムを自腹で購入し、完全にスイッチステに変更して城に臨んだという経緯があります。

 セナさんのPTはスイッチK1、EE2、DL1、W1でした。PTの要であるEEは2人とも250前後、DLは280程度というDT内にいるようなPTの中ではかなり見劣りするものでした。

 しかし、実際のところはかなりスイッチを踏むことができたようです。僕は基本氷雪で足止めしながら殺されることしかできないので、DT内にはあまり行かず、勇姿を見届けることはできなかったのですが……w

 弱くても努力次第で城はどうにかなる!

 今はそう思ってますw

 この攻城戦では城主を奪還することができて、セナさんも肩の荷が降りた様子でしたw 

 時間切れギリギリの攻防は手に汗握るものがあり、そして城主が決まったときの喜びは非常に大きいものでした。城の魅力を知る機会を与えてくれたCADRE連合さんには本当に感謝です!

 またこの城ではCC4でお世話になっているキャロットさんが連合マスターを務めるイーハトーヴさんがCADRE連合に加入して初の城主でした。遅くなりましたが、おめでとうございます^^

 イーハの人たちはCCに通っている人が多いためか、テクニックが豊富な人が揃っています。
すごく頼もしいです^^

 そんなわけで先週日曜に防衛側で迎えた四回目の攻城戦。攻め側はきわみ連合さん、猫祭り連合さん、そしてDiCE連合さんでした。

 ラスト7分でDiCE連合さんが刻印し、その後、残り時間の少ない中、壮絶な刻印合戦を制したのはCADRE連合!

 残り3分間を守りきれば城主が決定します。この時点でCADRE連合の勝利が決まったと思われたのですが……。

 事態はそう、うまくはいきません。

 刻印成功後、一瞬のうちにきわみ連合さんが鮮やかに刻印を決めていきました。

 1分30秒もあれば楽々とひっくり返すきわみ連合さんの実力は底知れないものがあります。おそろしや><

 そんなこんなで攻城戦を楽しませていただいているわけですが、だんだんと自分の立ち回り方にも反省点がいくつか見えてきたように思います。
 
 まあ、僕は凍らせて足止めくらいしかできないのですが、その際、問題なのは紙な上に体力振りもしてないのですぐ殺されてしまうことです。

 最初のうちは殺されてなんぼだと思ってたのですが、これは問題ですね。キルポイントの献上になってしまうので。

 職責をもったキャラからは一目散に逃げる! これを重視したいと思いますw 死にそうになったら即帰還文書を使うなどします。

 とかみみっちいことを書いてますが、実は将来スイッチャーとして脚光を浴びたいなどという野望を抱いているのは公然の秘密ですw

 あースイッチ可能なレベルになるまでMU終わらないでくれーーー;;

 それでは、また!
 
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ギルド紹介 第三帝国 [雑記]

 こんにちは、最近、未曾有の石不足にみまわれているclastです。CCの稼ぎだけじゃとても間に合わない><

 パンドラするか!

 いや、今月豊穣買っちゃったし、もうリアルマネー使いたくないな……。ま、まあ、その話はここらで終わりにしといて。

 えーと、今回は僕が所属するギルド第三帝国の紹介です。べ、別にネタに困ったわけではありませんよ!

Screen(08_17-17_34)-0002.jpg
 
第三のギルドマーク。なかなか渋くていい感じw


 第三帝国は現在実質活動人数10人の小規模なギルドです。個々のレベルもそれほど高くはなく、380台一人、360台一人、330台2人、残りは全員300前後です。

 このように小規模なギルドですが、歴史はかなり古く、マスターのsena0812さんが加入するずっと前からあったそうです。一時期は80人以上のギルメンがいたこともあったとか。

 想像もつかないですね^^;

 現在のMUの過疎っぷりがどれほどのものか実感できます;;

追記:さすがに80人はないですね。サブ含めての人数で実質人数は30人ほどでした、申し訳ありませんm(_ _)m

 ギルドの雰囲気ですが、かなり居心地のいいギルドです。このギルドでよかったなあといつも思っています。年齢層が気持ち高く(気持ちですよ気持ち!)、みんな落ち着いてて穏やかです。ハジけるときはとんでもないハジけ方しますが……w

 ギルメンのaxlaxlさんが言ってたのですが、

「いいギルドはみんなおっさんギルドw」

 けっこう当たってると思いますw 少なくとも第三の場合はwww(ぁww

 そんなわけでMU人生を謳歌させていただいてるclastでした。ギルメンのみなさんにはこの場を借りて感謝します。いつもありがとうございます^^








 あ、一応ですが僕はまだおっさんではないと言っても許される年齢だと自分では思ってますw

一応言っときま [リアル]

今回は特に何もないです^^;

明日から部活の大会で一週間ほどINできないです><

何気に東日本で最大規模の運動大会です。選手のレベルは特別高いものでもないけどw

所属連合が城とって試練も使えるし、レナイベもラストスパートだし色々あるのになあ;;

城については書きたいこともちょっとあったし……。

でも、これから一週間は完全にMUのこと忘れてリアルに打ち込みますw
ミュー奇蹟の大地公式HP
fansite_banner_150x50.gif
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。
©2001-2010 WEBZEN, Inc. All Rights Reserved. Licensed to
©2010 GameOn Co., Ltd.
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。